男性発毛・AGA

AGA(男性型脱毛症)

AGAとは男性ホルモンの影響による薄毛・抜け毛のことです。私たちの体の中にはテストステロンという男性ホルモンがあります。
このテストステロンが酵素である5αリダクターゼと結びつく事で脱毛ホルモンに変性します。DHTは髪の毛を生産する工場の役目を果している毛乳頭細胞の働きを弱める作用を持つため、体内にDHTが増えると髪の毛が作られなくなってしまったり、既に生えている髪の毛が十分に成長する前に抜け落ちてしまったりします。これがAGAのメカニズムです。

おすすめの治療方法

プロぺシア(フェナステリド)

AGAの治療薬は、発毛効果があり、薄毛の改善効果が期待できます。効果が高く皮膚科医からも推奨されている優秀な治療薬ですが、半面、薬物である以上、当然副作用がでる可能性もあります。男性ホルモンの働きを阻害する作用のあるプロぺシアには、性欲減退や勃起機能の低下といった副作用が報告されています。また、血行促進効果のあるミノキシジルには、頭皮のかゆみや炎症、眠気や倦怠感などといった副作用があると言われています。
このため、これらの治療薬を用いるのは、実際に症状が現れてからが妥当でしょう。ただし、症状が軽いうちから治療を始める事で、周囲に気付かれる事なく良い状態をキープする事が出来るでしょう。AGAの症状が出ていないうちは、過剰の飲酒や喫煙を控えたり、バランスの良い食生活や十分な睡眠を心がけるといった、普段から出来る対策をとると良いでしょう。常に頭皮の清潔を心がけ、あまりストレスをためない様な生活が理想です。頭皮の状況を日頃からチェックする事は大切ですが、あまり神経質にならずに、薄毛が気になりだしたら治療を始めれば良いという位の、おおらかな気持ちでいる事も大切です。

おすすめアイテム

KIP スカルプヘアエッセンス

KGF(毛母細胞成長因子。別名ヒトオリゴペプチド-5、FGF-7)は、毛根部分(毛乳頭)でも産生されているグロースファクター(成長因子)です。
ヘアサイクルの成長期に関与し、発毛を担当する「毛母細胞」を活性化させる働きを持っています。加齢その他の原因により、自身でのKGF産生が難しくなると毛母細胞が働かなくなり、発毛不全、薄毛・抜け毛に至ります。従来の育毛剤は「KGF産生を促す成分配合」タイプが多いことに対し、KIP スカルプヘアエッセンスは「KGFそのもの」を「高濃度」で配合しているため、効果・即効力が格段に違います。自身ではKGF産生が難しくなった毛根に、KGFを「補充」させることで発毛を強力に促進します。